事例・ノウハウ|ガルフネット

従業員の採用と離職を改善。満足度を向上する福利厚生サービス

従業員の採用と離職を改善。満足度を向上する福利厚生サービス

福利厚生サービスの導入で、採用の差別化や応募数の拡大を実現。ポイント制による毎日の評価で、働く満足度、働くモチベーションを向上。従業員の離職率改善に取り組む事例を紹介。

福利厚生サービスを導入する背景

飲食店サービス企業

地域・規模:関西、100店舗、従業員4,500名

経営の『3カ年計画』の中の一環で、構造が変わった労働市場に対する採用強化、従業員満足度を上げた離職対策について、企業全体での取り組みが必要であった。
また、政府の新制度では、企業負担となる従業員の労働環境改善や、全ての人手不足問題を解決するわけでないことから、人材への投資を強化するプロジェクトの立ち上げに至った。

企業が抱えていた課題

  1. 労基の法改正により、今までのシステムでは対応できない。
  2. 営業店のシフト作成で店長作業が膨大に。
  3. パート・アルバイトが4,000名の中、毎年3,000名の離職者が発生。
    ①人事総務部門では、毎日の採用対応に追われ、コア業務が出来ない。
    ②定着期間が短いため、採用コストが圧迫。
    ③人手不足のため営業店のシフトが組めず、業績に影響。

製品・サービスを選んだ理由

人事総務部門が抱えていた様々な課題の中で、政府が掲げる働き方改革による労働基準法改正への対応、人手不足による採用対応と営業店のシフト課題対策、従業員のモチベーション低下による離職防止対策は最優先で対処する課題であった。
導入済みの企業を視察したり、色々なサービスをあらゆる観点から比較検討を実施。今回導入したガルフネットのシステムの特徴が、課題解決に繋がる業務要件にフィット。
利用実績が20,000店舗あるため、実績や将来的、利便性を踏まえた上で決定。

  • 勤怠管理=労働基準法改正のシステム修正対応がしっかりしている
  • 社員、アルバイト管理=様々な雇用形態に対応した管理や、アプリによるシフト申請で機能が充実している
  • モチベーション管理=ポイント制の導入でモチベーションアップ。ポイント付与は、時給をあげるよりC/Fへの影響が少ない

導入後の効果

労働基準法の改正、人材管理の対応

2019年の労働基準法改正の内容以外にも、昨今の店舗の勤務状況に対する労働基準監督署の指摘は様々。利用実績が20,000店舗を超えるノウハウを詰め込んだ労基対応型の勤怠管理を導入し、人事総務部門の負担が軽減することができました。

勤怠管理の導入

  1. 生体認証を用いた勤怠打刻や、各種労務アラートの通知でリスクを事前に対策できるようになりました
  2. 労基対応型の勤怠管理で安心して導入できました
  3. 勤怠管理アプリの導入で、従業員からのシフト申請で営業店のシフト作成負担が軽減されました

社員ポイントサービス(福利厚生サービス)

インセンティブポイント制度の導入で、勤続や勤務時間などで自動的にインセンティブ(報酬)ポイントが付与されるようになりました。貯めたポイントは、アプリからポイント残高の確認や交換が可能となり、従業員の働くモチベーションが向上し、定着率の向上に繋がりました。

社員ポイントサービスの導入

勤怠ルール(評価)に沿ったポイントを従業員へ自動付与。働きながら貯めたポイントはアプリで確認。

  • ポイントを公平に付与し、やる気に繋がった
  • 評価タイミングが毎日なので、ポイントを期待して働くようになった
  • モチベーションが向上し、現場が活性化
社員ポイントサービス

働きながら貯めたポイントの価値交換で離職を防止。採用工数の緩和に繋げます

  • 貯めたポイントは、電子ギフト、電子マネーなど150種類以上のポイントへ交換
  • 働くモチベーションが向上し、定着が向上
  • ポイント制度の導入で、採用機会の拡大に繋がった

企業の経営資源である「ヒト」への投資により、採用力の強化と定着向上を実現

経営資源である「ヒト」の課題であった、採用応募の減少、定着の低下は、福利厚生サービスの導入により改善。働くモチベーションに連動し業績向上を実現します。

お電話でのお問い合わせ

電話番号 03-6279-4690
受付時間
平日9:00〜17:00

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
Gulf CSM 勤怠管理

多様な働き方への対応、生産性向上、労務リスク軽減

勤怠管理システム

生体認証を用いた勤怠打刻や各種アラート通知で、労務リスクを軽減します。コンプライアンス遵守や生産性向上により、企業のリスクマネジメントを支えます。

サービス詳細を見る