事例・ノウハウ|ガルフネット

外国人労働者の資格期限切れ、勤怠の仕組みで回避

外国人労働者の資格期限切れ、勤怠の仕組みで回避

外国人労働者の採用に纏わるリスク。特に管理が行き届いていないと刑事罰にまで至ってしまう資格外活動期限の管理について、勤怠システムの仕組みを用いて問題を回避した事例を紹介。

外国人労働者の雇用に纏わる課題

最近外国人労働者を多く雇い入れているA社では、在留資格・期限の管理に頭を悩ませていた。
資格期限の管理は現場の店長と人事部で行なっていたが、日々の業務の中で在留期限のチェックまで気が回らず、危うく期限を過ぎそうになることが何度かあった。実際に期限を過ぎた状態で働かせてしまうと、現場責任者と管理者、経営者まで刑事罰が課されることになるため、期限の管理は大きな課題となっていた。

ケース1. 外国人労働者の管理機能を持った勤怠システムを導入

そこで、外国人労働者の管理機能を持ったGulf-CSMの勤怠システムを導入。採用時に在留資格・期限を登録し、期限管理をシステムで行うようにした。この勤怠システムでは、様々なアラート機能を持っており、今回、以下のチェック・アラート機能を使用した。

  • 期限の2ヶ月前、打刻時に本人に直接アラート
  • 期限の2ヶ月前、店長、管轄エリアマネージャー、本部にそれぞれアラート

更に、上記アラートでも更新がされなかった時のため、以下のチェックも行なっている。

  • シフト作成時、期限切れ間近の外国人労働者をシフトに加える際にエラーとし制限する
  • 期限切れの状態で出勤打刻しようとした場合にエラーとし制限する

このように、店長だけでなく、本人や管理者にアラートを出すことで多方面からチェックを行えるようにした。
更に、それでも更新を忘れることがあった場合、期限切れの従業員はシフトに組み込ませないようにし、万が一にも働かせないよう、厳重にチェックを行った。

導入の効果

勤怠システムが本人に直接アラートを出すため、店長や管理者が都度チェックを行う必要が無くなり、それぞれ業務に集中出来るようになった。また、何重ものチェックをシステムが行っているため、気づかぬ間に期限が切れていたということも無くなった。
更に、勤怠システムでは外国人労働者の労働時間のチェックも行なっている。週28時間などの制限がある場合、シフト作成時に上限を超えていたらアラートを出す機能もあるため、店長が知らず知らずのうちに法令違反をしていたということを防いでいる。

外国人労働者の雇用を支援

Gulf-CSMの勤怠管理システムでは、外国人労働者の雇用に関するリスクを未然に防ぎ、雇用を支援する仕組みがあります。

採用時チェック

採用時、採用現場で書類確認や在留資格に合わせた必要情報をシステムがチェックすることで、現場責任者に注意を促し、また本部で一括チェックができるようになります。

アラート機能

週28時間の労働時間超過のアラートや在留期限切れ事前アラートなど、現場責任者が意識しなくてもアラートによって事前に気付かせる仕組みがあります。
更に、外国人労働者本人にも直接事前にアラートを出し、注意を促す仕組みがあります。

英語表記に対応

日本語が苦手な人でもいち早くシステムを扱えるよう、英語表記に対応しています。

外国人労働者の雇用支援、リスク管理を備えた
勤怠システムについて詳しく知りたい方はこちら!

お電話でのお問い合わせ

電話番号 03-6279-4690
受付時間
平日9:00〜17:00

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
Gulf CSM 勤怠管理

多様な働き方への対応、生産性向上、労務リスク軽減

Gulf CSM 勤怠管理システム

生体認証を用いた勤怠打刻や各種アラート通知で、労務リスクを軽減します。コンプライアンス遵守や生産性向上により、企業のリスクマネジメントを支えます。

サービス詳細を見る