事例・ノウハウ|ガルフネット

レジ現金の不正を徹底解剖 ~不正対策と対応実例のご紹介~

レジ現金の不正を徹底解剖 ~不正対策と対応実例のご紹介~

外食業界は店舗運営をアルバイトや外国人就労者に任せざる得ないのが現状。そのような中で、店舗の売上現金が不正にあっては元も子もありません。当記事では、不正の手口とその対応方法をご紹介。

レジ現金不正の方法

レジ現金の不正の具体的な方法としてよくあるのは以下4つである。

  1. レジの空打ち
  2. VOID、メニュー取り消し処理による取引履歴消去
  3. 少額現金をレジから抜く
  4. 少額釣銭をわざと渡さない

 上記1)、2)についてはよくある方法です。1)は、お客様からのお金を頂くが商品をレジに打たずに現金を着服。
この応用が、外食特に居酒屋に多く発生するのが、宴会での人数を少なく勘定し、余った分を着服する方法である。
例えば、5名の宴会予約があり、5名分の宴会コースをお客様へは提供するが、レジでは4名とし1名分を着服するのである。

2)については、レジにて一旦会計するが、取引履歴を消去しその取引現金を着服するのである。外食店舗にあるOES(オーダーエントリーシステム)でのメニュー取り消しについても同様である。
お客様が会計される際にオーダーされたメニューを取り消し、お勘定は正規に頂き差額を着服するのである。
それぞれ、お客様がしっかりレシートを確認していればすぐに発覚する内容であるが、お客様がそこまでしっかりレシートを確認しないことが多く、発覚がされにくいのが現状である。

上記3)、4)について、レジ差額(1日のレジ操作終了時の現金在高とPOS上での現金在高の差異)が多い若しくはレジ差額そのものをチェックしていない店舗や高額メニューを取りそろえる店舗では上位の不正行為となっているのである。

レジ現金不正対策

不正対策としては、ソフト面とハード面を考慮することが重要である。ソフト面では、店舗内でのコミュニケーションをしっかり図るということである。人が見ているということが一番不正を未然に防ぐ方法である。
また、入社時の誓約書にて「不正」については「然るべき対処」を受ける旨の一文をしっかり入れ、未成年の場合は親などに連帯保証人になってもらい捺印を押していただく。
こういった書類の取り交わしについては、未だに実施されていない外食企業も多い。

ハード面については、POSレジや自動釣銭機、レジ前に録画機能付きカメラ、売上管理システムを導入すると効果的である。
POSレジはタブレットレジ等安価なレジでも、取引履歴を後からでも追いかけることができ、自動釣銭機は現金計算そのものを人間が行わないため過不足の発生率は非常に下がるのである。
また、カメラについてもネットワークカメラで遠隔から録画を確認することも可能であり且つ監視されているということで自制心を持たせることができる。
売上管理システムは、複数店舗のPOSレジ操作管理をより効果的に行うことが可能となる。
店舗のPOSレジでのVOID操作の詳細をジャーナルやレジ画面上で捜索するには非常に手間も時間もかかる。
しかし、売上管理システムでは、各店舗のあるPOSレジの操作情報を一括で収集し、POSレジ上で「どの担当者」が「どのレシート(メニュー)」を「何時」に取り消したかを容易に見つけることができるのである。

カフェでレジを操作する店員

現金不正とシステム対応事例

大手外食チェーンストア A社(200店舗)

ガルフネットはこれまで、お客様のご要望で不正打刻防止のための生体での打刻が可能な勤怠管理システムや食材ロスを極小化させるための受発注管理システムをリリースしてきた。ここでは、現金不正に対する実例と具体的なシステム対応をご紹介する。

 ご紹介するこの企業は、現在の外食企業によくある社員1名他アルバイトでの店舗運営を実施している。
現金管理は厳しく、POSレジでの中間点検や最終点検での現金過不足管理やレジ前にネットワークカメラ設置を実施しており、POSレジでのVOID処理は禁止、メニュー取り消しは複数人でのチェックをしていた。
そのような状況下で、ある店舗が入店しているデベロッパーからある曜日の売上額が低いのではとの注意が本部に入電された。
すぐに本部のメンバーが対象店舗のPOSレジ履歴を確認し、カメラの録画をチェックしましたが疑いのある行為が見受けられない。
当該企業より、ガルフネットに一報が入り、「不正があるようだが見つけられない、どうしたら良いか」との相談があったのである。
ガルフネットから導入された売上管理システム上から、POS操作履歴を確認するも一見すると分からなかったのだが、カメラの録画にはお客様がレジ会計しているにも関わらず、POS操作上は取引履歴の無い曜日と時間を見つけることができたのである。
「レジの空打ち」と思われたが、録画されている映像ではレシートが渡されているのである。
ガルフネットの担当者は他の顧客から以前に聞いたことがある「トレーニングモード」でのレシート発行ではないかと考え、POSレジから「トレーニングモード」でのレジ操作方法収集する機能をPOSレジ会社と相談し製造。
1週間「トレーニングモード」での操作履歴を確認していたところ、前述した曜日と時間に複数回発生していることが判明。
録画カメラに写っている映像と履歴から実行しているアルバイトを割り出すことに成功した。

 この企業は、店舗入金機や自動釣り機の導入を行う等、更に不正を起こさない環境を作りに力を入れるようになり、今では過不足や現金不正が無くなったのである。

まとめ

人件費の高騰が店舗利益を圧迫している現在の店舗経営環境では、今後も社員を1店舗に1名を配置することが難しくなっている。
そこで、従業員が働き易い環境つまり「不正」を疑わなくともよい環境を作ることが余計なコスト(管理や捜索)を発生させないことにつながり、結果的に人件費を抑えることにつながるのである。

是非検討をしてみて下さい。

お電話でのお問い合わせ

電話番号 03-6279-4690
受付時間
平日9:00〜17:00

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
Gulf CSM(売上管理)

リアルタイムに情報を把握し、本部と遠隔にある店舗を一体でマネジメント

Gulf CSM(売上管理)

当社が提供する変化対応型プラットフォームをベースにする業務システムは、新規事業や急な業態変更でもマネジメントを可能にします。店舗の売上や利益、運営状況をリアルタイムに「見える化」し的確な経営判断や迅速な現場指示を支援します。

サービス詳細を見る