弊社サービス「Gulf CSM」をご利用のお客様へ(トレンドマイクロ社製品利用時における問題について)-続報-|ガルフネット

  • ガルフネット:HOME
  • お知らせ
  • 弊社サービス「Gulf CSM」をご利用のお客様へ(トレンドマイクロ社製品利用時における問題について)-続報-

弊社サービス「Gulf CSM」をご利用のお客様へ
(トレンドマイクロ社製品「ウイルスバスター」利用時における問題について)-続報-

2018.12.5

 表題の件、一昨日より一部のお客様において、トレンドマイクロ社のウイルスバスターと弊社サービス「Gulf CSM」(以下、CSM)をご利用になっている端末で、CSMをご利用いただく為の推奨ブラウザ(Chromium クロミウム)がウイルスバスターに脅威として誤検知され強制的に端末から削除されてしまうという事象が起きております。

本事象に関しまして、状況の変化がございましたので、ご報告させて頂きます。

トレンドマイクロ社ウイルスバスターの12月5日付けの更新でChromium(クロミウム)ブラウザを誤検知する問題が解決されたようです。
弊社側で確認を行いましたバージョンは下記となります。
バージョン番号:15.0.1204-JPOG021.5784
(詳細画面での各コンポーネントの更新日付は2018/12/5となります)

お客さまには、大変お手数をお掛けいたしますが、ウイルスバスターの上記バージョンへの更新を行った後に、CSM及びChromium(クロミウム)ブラウザの再インストールをお願いいたします。
この度は大変ご迷惑をお掛け致しましたが、どうぞご理解ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。

以上