ISMS認証取得|ガルフネット

ISMS認証取得

ISMSとは

ISMS(Information Security Management System)とは、組織が保護すべき情報について、機密性、完全性、可用性を適切なバランスで維持し、改善するための仕組みのことです。

ISMS適合性評価制度とは

ISMSを実施する際に準拠すべき国際的な標準として、ISO/IEC 27001:2013が定められています。 また、それは日本でもJIS Q 27001:2014として標準化されています。日本では、組織がこの標準に準拠していることを、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が認定した機関が評価し認証する制度があります。これをISMS適合性評価制度と呼びます。

ガルフネットのISMSへの取り組み

ガルフネットでは、グループ各社は、自社並びに自社が取り扱うお客様の情報資産を適切に保護するべく、積極的にISMSの導入・確立に取り組み、2005年9月30日に旧基準の元でのISMS適合性評価制度の下で認証を取得しました。また、新基準であるJIS Q 27001:2014への移行を完了し、2015年7月29日に移行の認証も取得しています。

登録番号 J0106
登録日 2005年9月30日 (改定日 2015年7月29日)
対象組織 株式会社 SIG
株式会社 ガルフネット
登録範囲 1. 流通企業向けITコンサルティング及びソリューション事業
2. データセンターサービス事業
3. セキュリティロジスティックシステム開発及び販売
4. 社内情報ネットワークシステム
5. 管理業務(人事、総務、経理、法務等)

※株式会社ガルフネットの認証対象組織は本社(東京事業所)、大阪事業所、札幌事業所、データセンターです。

貴社のお悩みを相談し、ビジネスの可能性を拡げませんか?

ガルフネットへのご相談は無料です。

業務の無駄を排除したい、効率良く運用をしたいという方へ

お客様の状況に合わせたご提案をさせていただきます。