こんな従業員教育のお悩み
抱えていませんか?

動画教育アプリGBeeMなら、
社員のひとりひとりに
ダイレクトに、具体的に、双方向で、低コストで
具体的な教育や情報共有ができます。

時代の変化に対応した
企業向け動画共有プラットフォーム
GBeeM

GBeeMアプリ画面
多くの社員は私生活でスマートフォンのSNSや写真、動画アプリを利用し、
「いいね」やコメントによりコミュニケーションを活性化させています。
GBeeMはこれらと同様の使い方で、企業内の連絡・指示・情報共有・教育といった
コミュニケーションが実現できる次世代の動画共有プラットフォームです。

  • 1

    教育・マニュアルに

    商品説明や調理手順など、文書や画像だけでは伝えるのが難しい内容でも動画なら正しく伝えられます。

    教育メニューとして、複数の短い動画を1つにまとめ、順を追って履修させられるので、作業の合間に少しずつ学習ができて、忙しい現場でも確実に教育を進められます。

    管理者は個人の教育メニューの進捗状況を把握できるので、それに合わせた指導や作業割当を行えます。

  • 2

    業務連絡、通達に

    動画だから、経営者の言葉でそのまま伝えられます。フリップや図表を使って分かりやすく伝えることもできます。

    一人ひとりに配信するから、働くすべての人に直接伝わり、管理者は全員の閲覧状況も把握できます。

  • 1

    確認・返信機能で
    作業指示や社内コミュニケーションに

    配信した動画に対して確認を求めたり、返信するように設定できるので、動画付きの作業指示としても活用できます。
    返信は動画も添付できるので、実施した内容を動画で上げてもらい、正しく実施されたかチェックできます。
    更に返信の動画に対して従業員同士でコメントや「いいね」ができるので、一方的な配信だけでなく、相互の評価・コミュニケーションによって社内の活性化にも役立ちます。

  • 1

    動画以外でも、ドキュメント配信用に

    動画以外にも画像やPDFなどのドキュメントも配信できるので、簡単なドキュメント管理システムとしても活用できます。

  • GBeeMの機能

    ショートビデオで隙間時間に教育を

    GBeeMでは、10分程度の短いビデオで社員が隙間時間に順を追って教育が進められます。 アプリ起動から動画再生までわずか3タッチで行えるので、スムーズに学習ができます。

    • コンテンツ

      GBeeMでは5GB以下の動画、画像、パワーポイント・PDFファイルを登録できます。

    • ライブラリ

      コンテンツは、ライブラリで公開できます。特定の社員のグループのみに閲覧を制限できます。

    • ToDo

      ライブラリに登録されたコンテンツを順番に並べて、教育コース ToDoにまとめられます。特定の社員のグループが受講するよう指定できます。

    • コンテンツへの
      「いいね」・「だめね」

      コンテンツを閲覧した社員は「いいね」「だめね」ボタンをタップして、評価できます。コンテンツ作成者は閲覧者の評価を確認して、コンテンツを改善できます。

    • 関連コンテンツの紹介

      コンテンツには、そのコンテンツを見た人が見ている他のコンテンツが自動的に紹介されます。関連するコンテンツを見ることで、効率的に学習を進められます。

    • ホーム画面

      アプリ起動後に表示されるホーム画面には新着コンテンツと、未完了のToDoが一覧表示されます。

    双方向に、他の社員と一緒に教育を

    GBeeMでは、コンテンツ配信者とそれを視聴する社員との間、また同じコンテンツを見ている社員間でやり取りをしながら教育や情報共有を進められます。

    • ToDoへの返信

      ToDoの全コンテンツを閲覧した後に、写真・動画・ファイル付きで返信するよう指定できます。動画や写真での訓練や指示に対して、その成果も写真や動画で具体的に報告できます。

    • 自己評価

      ToDo完了時の報告では、写真や動画に加えて、5段階の自己評価、簡単な文章が付けられます。

    • 返信への「いいね」

      ToDoへの返信は、他の社員も確認できます。「いいね」や簡単な文章でリアクションできます。社員相互の情報共有やモチベーションアップに役立ちます。

    シンプルで使いやすい管理機能

    アプリへ公開するコンテンツは、ブラウザでGBeeM管理画面を使って管理。カテゴリ分けや通知、個々の進捗管理などが簡単に行えます。

    • システム管理者・
      コンテンツ管理者

      管理者は全管理機能を使えるシステム管理者、ライブラリやToDoのコンテンツ管理者にわかれ、コンテンツ管理者は複数作成できます。

    • カテゴリー

      ライブラリやToDoは、カテゴリーで分類整理できます。アプリ利用者は、文字で検索する以外に、カテゴリーでコンテンツの絞り込みができます。

    • コンテンツの
      公開・通知

      ライブラリやToDoへコンテンツを登録し、公開すると、通知がアプリ利用者に届きます。

    • ToDo進捗管理

      ToDoの一連の教育コースについて、誰がどこまで進めているか確認できます。

    今後追加予定の機能

    GBeeMでは、さらに便利な機能を追加していく予定です。

    • ライブ配信

      アプリから指定された社員グループへ通知後、ライブ配信ができるようになります。配信終了後は、配信されたものがコンテンツとして自動的にライブラリに登録されます。

    • タグ

      タグを付けて、コンテンツを整理できるようになります。
      カテゴリーや文字での検索以外にタグでもコンテンツを検索できます。

    • ポイント

      コンテンツを視聴したら貰えるポイントを割り当てられます。弊社の働楽ポイントアプリと連動し、獲得したポイントは社内の景品やクーポン券、AmazonギフトやT-POINT等に交換できます。

よくあるお問い合わせ

    • コンテンツについて
    • コンテンツはいくつまで登録できるのでしょうか。
      最大で登録できるコンテンツの合計はどれくらいが上限となるのでしょうか。
    • システム的に上限はありませんが、コンテンツ合計の最大保存容量に準じて、月額の利用料金が変わります。御社の要件に応じた最大保存容量を利用契約締結時に取り決めます。(利用開始後の変更も可能です)
    • アプリについて
    • このアプリはどのスマートフォンで使えますか。
    • iOS 11以降、Android 6以降のOSが動作するスマートフォンで利用できます。PC、フィーチャーフォンでは利用できません。
      なお、管理機能はPCで動作するブラウザで利用します。Windowsでは最新のChrome、MacOSでは最新のSafariでの利用を推奨します。
    • 費用について
    • 費用はどれくらいでしょうか。
    • コンテンツ合計での最大保存容量と、利用者数に応じた月額利用料が必要です。
      お見積もりは弊社営業部門へご依頼下さい。
    • セキュリティについて
    • 社員の個人のスマートフォンでこのアプリを使わせようと考えていますが、セキュリティ上の問題はないでしょうか。
    • 弊社はISO/IEC 27001:2013の適合性評価精度での認証を取得しており、GBeeMもISMSに準拠した開発・運用がされています。GBeeMは常時、セキュリティリスクを管理・改善しています。
      一方、所謂BYOD運用で、個人のスマートフォンでGBeeMアプリを利用する場合、セキュリティレベルはそのスマートフォンのセキュリティ設定に依存します。この部分のセキュリティレベルを一定レベルに維持する必要がある場合、別途、MDM等のセキュリティツールの導入を推奨します。

GBeeMの専用アプリを使えば、スマートフォンの簡単な操作でいつでもどこでも、繰り返し何度でも、ちょっとした勤務の隙間時間を利用して、ビデオで教育が行えます。
多数の拠点、事業所、店舗で大勢のスタッフが分散して勤務している企業でも、コストを掛けずに、ビデオによる分かりやすい教育や情報共有が実施できます。

また、この教育は本部と社員の間で双方向にフィードバックを交わしながら、個人の状況に応じて実施してゆけます。

接客マナー教育、商品・サービス教育、業務マニュアル教育、新入社員教育、コンプライアンス教育、等の教育に、社長や事業部長の全社連絡、営業部や人事部や総務部の通達、等の情報共有に、是非ご利用下さい。

お問い合わせ