IoT店舗設備自動制御

電気代削減ソリューション

店舗設備を遠隔・自動制御して、電気代を削減!

店舗の電気をまるごと自動管理。専用の監視システムで照明のオン/オフから、エアコン温度設定まで店舗の電気機器を効率的に自動運転。無駄な電気利用を抑え経営にも地球にもやさしい最新のエコシステムのご提案です。

店舗の電気代の構造

店舗において、毎月数十万円掛かる電気代の50%は空調、30%は照明に掛かっていると言われています。 空調は設定温度を1度上げるだけで10%程度費用が変わります。

ガルフネットの電気代削減ソリューション

ガルフネットの電気代削減ソリューションは、独自開発したIoTルータを中心に、センサー、監視システム、アプリ等で、店舗設備の電気消費を自動的に最適化し、電気代を削減するIoT総合ソリューションです。

店舗の電気消費状況を可視化

店舗の電気消費の状況が可視化されます。エアコンの過剰運転、温度設定、照明の消し忘れ、無駄な冷蔵庫の開け閉め等を発見できます。

スマートフォンによる一元管理

スマートフォンで、店舗設備をまとめてコントロールできます。エアコン温度設定変更、照明オン/オフ等を遠隔地から簡単に操作できます。

監視システムによる自動制御

専用の監視システムで、店舗の電気機器をまとめて自動運転できます。一定のルールを定めて、自動的にエアコン温度設定変更、照明のオン/オフ等、店舗設備を制御します。

機器コントロールの仕組み

電気代削減ソリューションを支えるエッジコンピューティングとは

エッジコンピューティングとは、すべてのデータをクラウドに送って処理する従来の方式とは違い、各端末で出来る事は各端末でデータ処理を行うことでデータ処理負荷が分散され、より高速にデータ処理が行える手法です。また、各端末でデータが処理されることにより、ネットワーク伝送量を抑え、通信の遅延時間が解消される事に期待が持たれている技術です。エッジコンピューティングでは、個人がそれぞれ手にするスマホ、スマートウォッチ等や、あるいは周辺環境に組み込まれたルーター等のエンドポイントデバイスが、データを回線に送り出す「エッジ(ネットワークの端末)」となります。今後5年の間にエッジデバイスは大きな進化を遂げ、専用AIチップや高い処理能力のプロセッサ、またストレージといった機能が付加されていくと予想されおり、今後データセンターは縮小し、サーバーレスへ移行していくと言われております。

ガルフネット独自開発IoTルータ
(Gulf IoT Router)

ガルフネット独自に開発したIoTルータは、通常の有線・無線のネットワーク通信機能に加え、IoT制御機能を備えた、店舗業務の全てのニーズに応える最新型のルータです。このルータは、IoT制御機能により、店舗設備や各種センサーから収集した情報を、スマートフォンや監視システムに送信します。また、スマートフォンや監視システムからの指示を店舗設備に送信する、店舗の基幹をなす通信機器です。

特徴

一つのIoTルータで制御対象や範囲を拡大

当製品は、今後、店舗ロボットの制御機能の拡張を計画しています。この一台のIoTルータによって、店舗ネットワークからその他の様々なIoT制御まで、広範囲に適用用途を拡大してまいります。

店舗ネットワークとの併用

IoTルータは、店舗設備制御に使えるだけではありません。店舗業務用のPCやハンディターミナルを有線・無線で業務ネットワークに繋ぐ通信機器として併用できます。店舗ネットワークに、IoT制御機能が付け加わります。

導入までの流れ

店舗機器構成のヒアリング・IoTルータの調整

お客様の現在の環境やご要望をお伺いして適切な機器構成をお客様と一緒に検討しご提案します。全ての店舗設備のコントロールを最初から実施するのではなく、効果が大きいと考えられる空調設備から始めるリスクの少ないミニマムスタートも可能です。

店舗設備の電気消費状況の可視化・スマートフォンによる遠隔コントロール

IoTルータやセンサーを設置して、店舗の設備の電気消費状況を確認します。各設備をスマートフォンで適切に遠隔コントロールできることを確認します。

コントロールの自動化・監視による改善

お客様の運用状況から最適と思われるルールを定め、店舗設備のコントロールを自動化します。定期的にその結果を確認し、ルールを調整し最適化します。