時代の変化に対応する店舗の現金管理ノウハウ

キャッシュレス決済の普及、感染症防止対策など、時代の変化に対応する方法とは

1.キャッシュレス普及でも残る現金

昨今、消費者が日常的に利用する店舗のほとんどは、キャッシュレス対応ができるように環境整備が進められているが、実際にキャッシュレスの利用率は新型コロナウイルス感染拡大の影響により以前より高まっていると言われている。

しかしながら事業者側から見た場合、実はキャッシュレス払いは全面歓迎というわけではない。まずは決済手数料の負担、また決済手段が増えることによる管理手間の増大、さらに最も問題となっている入金サイクルの問題(クレジットカード決済の場合、事業者との契約にもよるが、販売した月の末日締めで、支払いは翌々月末というケースも珍しくない。業種によっては翌月入金というところもあるが、カード決済の場合、相応の時間がかかるのが現実である。また、普及が進んでいるスマホ決済サービスの場合、もっとも短いケースでは翌日払いに対応しているサービスもあるが、顧客がどの決済手段を用いるのか分からないので、事業者としては入金の日時と金額を事前に確定できない。)、システムエラー発生や停電時は決済ができないなど多くの課題が存在しており現金取扱をやめるというわけにはいかないというのが現状である。

また、消費者側でも新型コロナウイルス感染症対策でできるだけ現金を触りたく無いという心理が働いているものの、支払い方法の全てをキャッシュレス決済にはしておらず、未だに現金が多く使われている状況であり、現金取扱は店舗ビジネスの負担となっている。

(出典:「新型コロナウイルスによる支払い方法の変化に関する調査」2020年4月22日)

2.現金取扱時の問題

店舗で現金を取り扱う際の問題は以下の通りである。

  • 預り金額の勘違いや釣り銭受け渡しミスによって現金過不足がおこる。
  • 現金は不特定多数の人が触れるため、新型コロナウイルスなど感染症拡大の温床となりやすい。したがってスタッフが業務中に現金受け渡しを行わなければならない場合、現金に触れる都度の対策を行わなければ感染リスクが高い環境となってしまう。
  • 現金は厳重な保管管理が必要である。現金そのものを電子化して伝送することはできないし、保管、運搬時に紛失や盗難を防ぐ対策が必要である。
  • 現金は金融機関、又はATMまで運搬し入金完了して初めて安全が確保される。

3.現金取り扱いによる問題を解決する方法とは

店舗での現金取扱をやめることが出来ない状況では、店舗スタッフが現金に極力触れないようにする仕組みが必要である。来店客との現金受け渡しを無くすためには、セルフ型(セルフ、セミセルフ)レジや、レジと連携した入出金機が効果を発揮する。

また、現金の保管、金融機関までの運搬、および両替資金の配達を外部企業へ委託(集配金サービスを利用)することで、現金取扱における保管・運搬時の紛失盗難リスクの低減と、両替金準備についての問題解決が可能になる。

4.セルフレジとセミセルフレジの比較

セルフ型レジには、完全セルフレジとセミセルフレジがある。レジを何台もおける大型店であれば完全セルフレジでも良いが、レジを何台も置くスペースが無い小型店舗でスピーディに間違いないやり取りをするには、商品のスキャン自体は店舗スタッフが行い、支払い作業を来店客が自ら行うセミセルフレジが適している。

完全セルフレジのメリットとデメリット

<メリット>

  • レジ打ちスタッフが不要
  • 店舗スタッフが現金に触れないため、貨幣による感染リスクを減らせる
  • 店舗スタッフによる預り金額の勘違いや釣り銭受け渡しミスが無くなる

<デメリット>

  • 来店客自らがバーコードをスキャンするため不慣れだと時間がかかる
  • 混雑を避けるため最低でも複数台のレジが必要
  • ICタグによる自動スキャンも可能だが、低価格商品へのICタグ付属は高コスト
  • 使い方がわからない顧客への説明対応が必要になりスタッフが呼ばれることになる
  • 商品読み取り漏れ防止などセキュリティ対策が必要になり別のコストがかかる
  • レジで割引するなど柔軟な対応はできない

セミセルフレジのメリットとデメリット

<メリット>

  • バーコード読み取りに慣れているスタッフに作業を任せることができ、レジ回転率を落とさない
  • 通常レジと比較しても、会計スピードが上がるためレジ自体の台数を増やさす必要は無い
  • 来店客のレジ待ち時間、会計時間を短くできる
  • 店舗スタッフが現金に触れないため、貨幣による感染リスクを減らせる
  • 商品バーコードの読み取り漏れが無くなる
  • レジでの値引きなど、柔軟な対応ができる
  • 店舗スタッフによる預り金額の勘違いや釣り銭受け渡しミスが無くなる

<デメリット>

  • 商品点数が少ない場合、会計速度は完全セルフレジと変わらない
  • レジ打ちスタッフが必要
  • 使い方がわからない顧客への説明対応が必要になることがある(完全セルフよりは少ない)

5.現金の保管、運搬の合理化について

レジに収納された現金を本部口座に移動させる際、店舗スタッフがこれをするのでは感染リスク抑制の観点から望ましく無い。ここで、セミセルフレジと入出金機が効果を発揮する。

(画像はグローリー社のキャッシュリンク)

セミセルフレジで顧客から受け取った現金(紙幣)は、カセットを通じて入出金機へ手を触れずに移動、売上金の入金と不足している釣銭(紙幣)を自動で補充することができる(硬貨が不足した場合は棒金を割ってレジ釣銭機へ投入が必要だが、店舗スタッフが現金に触れる機会は最小限にできる)。

入出金機に収納が完了した現金(紙幣・硬貨)は安全に管理され(盗難補償付帯)、オンライン通信システムによって自動で本部へ入金報告がなされ、警備輸送サービスによって安全に金融機関口座まで運ばれる。また、両替資金として必要な現金についても、警備輸送サービスで必要な金種金額を配送してくれるため、金融機関へ行く事自体が不要となり業務が飛躍的に効率化される。
(集配金サービスは金庫や入金機でも利用ができる)

今後の店舗事業においては、こういったIT機器や業務委託サービスを自社に最適な形で導入することで、現金を取り扱う店舗においても、業務上の新型コロナウイルス感染症対策、人手不足対策、業務効率改善など、競争力の高い店舗づくりが可能になる。

6.ガルフネットが提供しているサービスについて

上記にご紹介したような仕組みについて、ガルフネットでは、専門の知識を持つコンサルタントがIT機器やサービスの導入設計をサポートし、貴社の事業規模や業態によって最適なサービス導入を支援いたします。

店舗の現金取扱にお困りでしたら、どうぞお気軽にお問合せください。

お電話でのお問い合わせ

電話番号 03-6279-4690
受付時間
平日9:00〜17:00

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
CAPS

売上金回収サービス

CAPS

入金機を使用して売上金をスピーディーかつ正確に計数、安全に保管し、自動データ集計で全店の売上把握と、最短当日口座着金を実現。貴社の状況に応じた最適な運用を専門の担当者が個別に設計・運用も専任でサポートします。効率的な売上金回収体制の構築なら全てガルフネットにお任せください。

サービス詳細を見る