レジ周辺業務を改革し収益性を高めるには

自動精算機(セルフ決済)×決済データ自動集約×集配金サービスで圧倒的な効率化を実現

1.レジ業務の重要性

店舗ビジネスにおいてレジ会計業務は重要です。

売上を記録し、代金を受け取る。釣銭を渡す。来店した顧客と最後にコミュニケーションする場面で、顧客から見ると店のサービスを印象づける重要なポイントになります。

支払うべき内容について正確にレジが打たれ、自分の使いたい決済方法で支払いができ、最後に笑顔で「ありがとうございました。」という言葉をもらえたら、会計場面で悪い印象を持つことは無いでしょう。

しかし、自分が顧客になった場面を想像してみてください。

もしも、なかなか会計してもらえなかったら?

レジに長蛇の列ができていたら?

会計内容にミスがあったら?

お釣銭を間違えられたら?

自分の使いたい決済方法が使えなかったら?

正確かつスムーズにできれば何の問題も無いレジ業務も、ちょっとしたミスひとつで印象が悪くなってしまいます。しかし、マンパワーを中心に対応している以上は、人的ミスは必ず発生してしまうものと考えなければなりません。

2.昨今のレジ業務についてのトレンドと課題

各決済事業者の企業努力や、コロナ禍の影響もあり、短期間で非接触型決済が使える場面が急速に広がっていますが、利用者側の利便性に比べて、事業者側は手数料負担や管理の手間、キャッシュフローの観点からも全面採用には至っておらず、引き続き現金決済が主流となっている状態が現状です。

このような状況において、事業者側が収益を上げるためにはどんな課題があるでしょうか。

業態毎にレジ業務における課題に多少の違いはありますが、共通する課題は以下に集約されてきます。
 

① 顧客の利便性確保のため多様な決済手段に対応すること

現金決済は誰でも利用できますが、キャッシュレス決済を利用したい顧客を取りこぼしてしまいます。現金授受はキャッシュレス決済と比較して手間がかかります。また、預かり金の誤打や釣銭の渡し間違いといったトラブル、レジ締め作業ではレジ内現金と売上データに不一致が生じることも発生します。

こうした現金決済に関わる作業が、業務の効率化を妨げ長時間労働、スタッフのストレスの原因となりサービスが低下することに繋がる可能性があります。

逆に、キャッシュレス決済では釣銭受け渡しミス等は起こりませんが、全てキャッシュレスにするということは売上減につながることも考えられます。現金決済も受け入れつつ、多様な決済手段を用意することが顧客満足につながります。
 

② 顧客、店舗双方のメリットのためレジ業務をスムーズに行うこと

レジ業務をスムーズにするために、スタッフを増員すればレジ待ちは解消できるかもしれませんが、客数が少ない間は余剰人員が発生し、収益性の低下に繋がります。

逆に、スタッフ数が少なすぎて兼務が増えると、顧客を待たせてしまったり、レジ業務のミスや不正につながったりする可能性が増加します。結果的に、レジ業務がストレスになって従業員の定着率低下につながることも考えられます。

対策としては、レジ釣銭機やセミセルフレジ等を導入し、確実でスムーズなレジ業務を行える環境を構築することが重要です。

 

③ 現金管理のセキュリティ確保と、釣銭準備を効率的に行うこと

売上金を口座に入金するまでのセキュリティについて、また、現金決済に対応する釣銭準備も意外に時間と手間がかかります。ある企業の試算では、売上を一晩金庫に保管し、翌日銀行へ振込と、釣銭資金の両替を行った場合の人件費や内部コストは1店舗1レジでも1ヶ月間で9万円程度かかっている事が判明しています。

また、スタッフに売上金管理や釣銭準備を任せていて違算が発生してしまい、そのために残業や損失補填をさせられるような事があったら、スタッフの意欲低下や定着率低下につながりかねません。

現金管理や釣銭準備はコストを抑えつつセキュリティを確保し効率化する対策(集配金サービス等)が必要です。
 

④ 売上集計業務や口座着金までの手間を最小限にすること

店舗の売上は本部の販売管理システムで集計されますが、既存レジにキャッシュレス決済を後付したような場合や外部事業者のテイクアウトアプリ等を利用している場合、複数の決済手段別の売上を店舗や本部で別途手入力しているケースもあり、事務作業に時間がかかっています。

また、多様な決済手段を採用している場合は、経理部門で各決済事業者からの入金予定の管理や着金確認を手作業で行わなければならず、こちらも大きな負担となります。 各キャッシュレス決済導入に際しては、各決済端末とPOSレジとのデータ連携、本部では販売管理システムで無駄な作業が発生しないような改修が必要です。

3.レジ関連業務の課題を解決し収益改善を図る

前項で述べたようなレジ業務の課題を解決する方法として、これまで各企業では、機械や外注による業務改善(レジ釣銭機の導入やマルチ決済端末の導入、集配金サービスの導入等)を進めてきました。

しかし、各手段はそれぞれがバラバラに提供されているため、導入コストやランニング費用が高額になり易く、全体としての費用対効果が得られにくいという状況がありました。

この度、ガルフネットではこれら全てを一括にまとめることで、コスト面の問題を解決するサービスを開発いたしました。

基本構成としては、以下の通りとなります。
 

マルチ決済対応自動精算機ソリューション  【近日リリース】

現金、各種キャッシュレス決済対応、各種POSシステムやテーブルオーダー等と連携可。

顧客向けには自動精算機、セミセルフレジ、券売機として稼働します。

と同時に、それ一台で入金機として警備輸送に対応し、金庫内保管中現金は全額補償対象となります。各決済データはデータ伝送機能で販売管理システムと連携します。
 

集配金サービス  【売上金回収サービスCAPS】

業種業態、売上規模や店舗数にフィットする警備輸送サービスを提供。

釣銭準備や売上金運搬、口座管理や入金確認作業の手間を削減します。
 

店舗管理システム  【ガルフCSM】

複数店舗、複数業種、業態を効率的に管理する総合店舗管理システム。

国内3万店舗以上の導入実績、リアルタイムに情報把握し即座に経営判断ができます。
 

店舗サポート  【コンシェルジュサービス】

上記の仕組みを一括提供するだけでなく、24時間365日サポートを提供。

情報システム部門の負担を減らし、トラブル発生等いざという時に役立ちます。
 
 

上記構成を基本としてレジ関連業務を効率化し、お客様の収益改善につなげます。

店舗レジ関連業務に課題をお持ちでしたら、どうぞお気軽にお問合せください。

※お問い合わせページより、ご登録いただけますと、サービスリリース時に優先的にご案内をいたします。
 下記の問い合わせフォームより「決済端末資料希望」と記載の上ご登録ください。

お電話でのお問い合わせ

電話番号 03-6279-4690
受付時間
平日9:00〜17:00

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
CAPS

売上金回収サービス

CAPS

入金機を使用して売上金をスピーディーかつ正確に計数、安全に保管し、自動データ集計で全店の売上把握と、最短当日口座着金を実現。貴社の状況に応じた最適な運用を専門の担当者が個別に設計・運用も専任でサポートします。効率的な売上金回収体制の構築なら全てガルフネットにお任せください。

サービス詳細を見る