事例・ノウハウ|ガルフネット

ネットワークのクラウド化で運用効率を改善、コストは1/3に削減

ネットワークのクラウド化で運用効率を改善、コストは1/3に削減

ネットワークをクラウド化する事で一括管理を実現。ネットワーク環境の変化による作業コストを削減し、保守・運用を行うために必要なメンテナンスの作業時間も大幅に削減。

ネットワークをクラウド化する背景

今までのネットワークは環境を構築する度に物理機器(RouterやSW等)の追加や設定変更、アプリケーションのネットワーク設定見直し等が必要になる為、ネットワーク環境を変更する事は非常に手間や時間がかかる一大事業である。
同じ物理機器であるServerは仮想化技術が進み物理機器の制約に縛られなくなる一方で、ネットワーク機器は従来通り固有機能に特化していた為、物理的制約から逃れられず、Server仮想化に対応するスピードについていく事が困難になり始めている。
この問題を解決する為に生まれた技術がSDN(Software Defined Network)で、その名の通りソフトウェアでネットワーク環境を構築する事が可能になった。
SDNはソフトウェアでネットワーク制御をする為、従来必須だった物理環境を用意しなくてもクラウド等の仮想環境上にネットワーク環境を構築する事が可能となり、大幅な環境構築・変更であってもソフトウェアの変更だけで簡単・迅速な対応が可能なのである。

SDNと店舗ネットワークの関係性

店舗ネットワークは店舗数が増えれば増える程、運用と管理が複雑化する為、ある程度店舗数が増えると大幅なネットワーク変更は困難になるが、SDNの技術を利用し、クラウド型のネットワークを構築する事でこの問題は解決可能である。
従来のネットワークでは、各店舗ネットワークの要であるRouterの設定情報をRouter本体で管理していた為、何をするのにも×店舗数の作業が必要であった。
クラウド型ネットワークでは、各店舗のRouter設定情報をクラウド上の管理サーバーで管理している為、店舗数に関係なく一括作業で対応する事が可能である。一括で作業出来るということは、今まで設定変更する為に店舗数毎に必要だったコストが削減され、作業時間も大幅に短縮されるので、今まで躊躇していたネットワーク環境の変更作業やメンテナンス作業を容易に行う事が可能なのである。

導入の効果

大手外食チェーンストア A社(120店舗)

業務拡張による店舗ネットワークの環境変更により、ネットワーク機器の設定変更が必要となった。従来のネットワークでは1店舗あたり約30分の作業変更(業務停止)時間が必要だったが、クラウド型ネットワーク導入により、店舗のネットワーク機器はクラウド上で一括管理されている設定情報を変更するだけで、全機器に対して同時に設定変更する事が可能となった。今まで全店舗の設定変更に約60時間(30分×120店舗=3600分)掛かっていた作業が、各店舗ネットワーク機器の設定情報をクラウド上にセットする時間(10分×120店舗=1200分)と各ネットワーク機器の再起動に必要な時間(約5分)のみとなり、従来型のネットワークに比べ大幅な作業時間(従来の3分の1)の削減を実現した例である。

導入の効果

クラウド型ネットワークの導入により、ビジネスのスピードアップを実現

ビジネスの課題であったネットワーク環境のリプレイス問題を、簡単でありながら環境変化に柔軟に対応し、作業時間の大幅短縮によるコスト削減が実現できるのが、クラウド型ネットワークなのである。

お電話でのお問い合わせ

電話番号 03-6279-4690
受付時間
平日9:00〜17:00

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
Mountain Vpn Cloud

ネットワークにお困りなら
クラウド型ネットワークをお勧めします

Mountain Vpn Cloud

ITインフラに必要なリソース・セキュリティ・運用管理を事業規模に合わせて「クラウド型ソリューション」として一括提供します。

サービス詳細を見る