withコロナ、Afterコロナで必要なITソリューションとは

コロナ禍による外出制限、店舗休業の中で飲食スタイルが変化しています。 これからの飲食業界が必要なITソリューションを解説

今回、新型コロナウィルスの出現により今迄の概念が大きく変わりました。
人間の意識、行動が変わり、ウィルスを意識する生活となったのです。(withコロナ)
飲食業界は休業に追い込まれ、営業は再開されましましたが元の状態には戻らない状況となっています。
そのような事態の中で店舗では急遽、テイクアウトやデリバリーを開始致しました。しかしながらわずかな売上確保でしかなく、企業は経営自体の継続が難しい局面を迎えています。
現在、店舗で利用している業務システムは環境の変化に対して柔軟な対応が進まず、売上が減る中ではコストの重荷にしかならない見方がされています。
これからのITソリューションは今回のような環境や社会の変化に対応出来なければ価値がないと思われるようになっています。

飲食スタイルの変化とは?

コロナ禍による食事スタイルの変化

今回のコロナ禍により私達の食事スタイルが大きく変化をしました。
今迄、店舗で食事を行う事が当たり前でしたが、見えないウィルスの脅威の中、店舗内での食事、会話などで普段の行動の中でウィルスを意識する事が必要となりました。withコロナが続く中で私達の食事スタイルが変わったのです。

店舗経営スタイルの変化

飲食業の店舗はお客様が店舗に来ないという事態が起きています。急遽、テイクアウトメニューの開発、デリバリー会社への委託など売上確保をする為に販売スタイルを増やしています。従来の店内飲食から外に向けての販売を実行したのです。キッチンカーでの販売も急速に増えています。従来の店内飲食は安心して食事を行って頂く配慮として、店内消毒、パネルでの隔離など、衛生対応を行い座席の距離を確保する対応を行ったのです。

このような環境の変化、業務の変化に対してシステムも対応しなければなりません。

変化に対応出来ない問題とは

環境の変化など突然の事態が発生した場合、業務システム側ではすぐに対応出来ないのが実情です。
その理由として以下の事が取り上げられます。

業務システムの問題

  • 汎用性のある業務パッケージを利用していない、もしくはパッケージに対して大きなカスタマイズを行ってしまい汎用的な変更が出来ない。
  • システム導入時の運用に合わせてしまい業務が変わるとその都度、カスタマイズ対応が発生してしまう。

IT費用の考え方の問題

現在の業務システムの大半は利用する業務運用に合わせて初期開発とカスタマイズを行っています。
また、各企業は安定した売上を元にIT費用を算出しており今後、利用するであろう期間に対してITの投資金額を設定してきました。システム利用後に発生する要望事項に対しては都度、追加カスタマイズ費用を払う商慣習となっています。よって環境の変化に対して柔軟な対応が出来ずに個別対応となっているのです。

これからのITソリューションとは

withコロナの中、企業は今後、環境や社会の大きな変化が必ず起きるという事を想定しなければなりません。
そのような経営状態を想定すれば初期投資で大きな金額を支払うような事はしないはずです。
これから求められるITソリューションはさまざまな変化に対してすぐに対応できる業務システムとなります。

  • 業務運用に対して柔軟な対応が可能な業務パッケージの選択
  • カスタマイズを行わないような業務設計
  • 環境変化に柔軟に対応出来るIT費用

社会環境が変化する中で機能も費用も柔軟に対応できるITソリューションが必要になるでしょう。

お電話でのお問い合わせ

電話番号 03-6279-4690
受付時間
平日9:00〜17:00

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
Business Based Platform(BBP)

リアルタイムに情報を把握し、本部と遠隔にある店舗を一体でマネジメント

Business Based Platform(BBP)

当社が提供する変化対応型プラットフォームをベースにする業務システムは、新規事業や急な業態変更でもマネジメントを可能にします。店舗の売上や利益、運営状況をリアルタイムに「見える化」し的確な経営判断や迅速な現場指示を支援します。

サービス詳細を見る