社内コミュニケーション課題の解決策!企業通貨がもたらす効果

「部門間」と「経営層と社員」のコミュニケーションに課題

コミュニケーションに関する課題は、企業において強い課題感を持ちつつも効果的な解決策を見つけることが非常に難しく、悩ましいテーマ。また、働き方の多様化やコロナウィルス感染予防対策により、急激にリモートワークの普及が広まることで、さらに社内コミュニケーション対策が必要になってくることが予測されます。

社内コミュニケーションの業務への障害、コミュニケーションを阻害している要因、課題を感じる社内関係、実施する施策や効果が得られた施策について紹介します。

社員間のコミュニケーション不足は業務の障害

「社員間のコミュニケーション不足が業務の障害になるか」という調査に対し、「大いにそう思う」72%、「ややそう思う」23%と、90%以上の企業において、「社員間のコミュニケーション不足が業務の障害になる」と認識している。この結果は、企業規模に関係なく同様の傾向が見られる。

社員間のコミュニケーション不足が業務の障害になるか

グラフ:社員間のコミュニケーション不足が業務の障害になるか?⇒大いにそう思う(72%)・ややそう思う(23%)
※参考:社内コミュニケーションに関するアンケート調査 結果報告(ProFuture株式会社/HR総研

企業規模別 社内コミュニケーション不足が業務の障害になるか

グラフ:社員間のコミュニケーション不足が業務の障害になるか?(企業規模別)
※参考:社内コミュニケーションに関するアンケート調査 結果報告(ProFuture株式会社/HR総研

社員間のコミュニケーション不足は業務の障害

どのような障害に発展しているか確認したところ、「部門間・事業所間の連携」73%で最多。「迅速な情報共有」66%、「目指す方向への認識の統一」51%などとなる。

社内コミュニケーション不足による業務障害の内容

部門間・事業所間の連携:73%、迅速な情報共有:66%、目指す方向への認識の統一:51%、業務へのモチベーション維持向上:49%・・・
※参考:社内コミュニケーションに関するアンケート調査 結果報告(ProFuture株式会社/HR総研

「部門間」と「経営層と社員」の関係に課題を感じる企業が半数以上

課題があると認識されている関係は、「部門間」が65%で最多、「経営層と社員」が58%、「部署内の課長とメンバー」が41%。半数を超える企業が課題として認識している。「部門間」のコミュニケーション課題は、「部門間・事業所間の連携」に問題が生じる可能性が考えられる。

コミュニケーションに課題を感じる関係性

部門間:65%、経営層と社員:58%、部署内の課長とメンバー:41%、部署内のメンバー同士:39%・・・
※参考:社内コミュニケーションに関するアンケート調査 結果報告(ProFuture株式会社/HR総研

そこで今回は、社内コミュニケーションを活性化させる施策として注目を集めている「企業通貨」についてご紹介いたします。

社内コミュニケーションが活性化する企業通貨制度とは

新型コロナウィルス感染の中、長く働いてもらう社内環境づくりとして企業通貨制度を導入する企業が増えています。

【目的】

1.社内のコミュニケーションを活性化し、職場環境を改善

2.従業員のモチベーションを引き出し、やる気を向上させる

3.働く意欲を高め、人材流出を防ぐ

【企業通貨】

企業通貨とは、社内限定で使用できる企業独自のポイントシステム。第3の給与、新たなインセンティブとして多くの企業で導入されています。

最近では、社内SNSなどでも企業通貨が取り入れられ、社内コミュニケーションの活性化に貢献している。従業員同士で、業務報告や作業の成果による褒め合いや賞賛など、企業通貨が貯まり、コミュニケーションを通じてポイントが獲得できるシステムです。

ポイントが貯まると、様々な形で従業員に還元される。

・色々なポイントや電子マネーに交換できる

・現金に交換できる

・従業員同士の感謝、褒め合いのポイントとして送付できる

・コンビニや買い物などの決済アプリへチャージができる

企業通貨を導入する目的は、企業により異なりますが、大きく三つに分けられます。

1.社内コミュニケーションの活性化

社内SNSやチャットなどの連絡ツールに企業通貨を取り入れることで、社内のコミュニケーションを活性化できます。

社内SNSへの作業報告や、目標達成による成果報告などの共有で、企業通貨によるポイントの獲得が可能。社内のコミュニケーションを活性化することで企業通貨が貯まったり、貯めたポイントを同じ部署の仲間にプレゼントしたりと、モチベーション向上に活用できます。

2.企業独自のポイント制度作成

企業通貨の導入により、企業独自のポイント制度をつくれます。これまでの制度は、一定の基準をもとに報奨金による従業員評価が主流でした。企業通貨をつくることで、給与や賞与の査定基準とは異なる、企業独自のポイント制度をつくれます。

・社内表彰、社内美化による報奨金として企業通貨を付与

・誕生日に企業通貨を付与

・ペナルティ制による手持ち企業通貨のマイナス

企業通貨のポイントは、人事評価に反映されなかった従業員の働きを評価するものです。従業員の評価機会を増やし、従業員のモチベーション維持に貢献できます。

3.勤怠ルールによるポイント制度

企業通貨は、勤怠システムと連動し、従業員の労働意識をかえられます。

・遅刻早退、欠勤がない優秀従業員へ企業通貨を付与

・困っている従業員の出勤交代など、シフト貢献に企業通貨を付与

・長時間労働の軽減として定時退社した従業員へ企業通貨を付与

従業員が自らの意思で行動を見直すきっかけを作り出せます。

働楽ポイントの紹介

社員の成果をポイントで評価!企業通貨アプリ「働楽ポイント」

働楽ポイントは、従業員間で感謝の気持ちを込めて「働楽ポイント」をアプリ上で送り合えるサービスです。

同じ職場やテレワーク、異なる拠点でも従業員間で互いに感謝・称賛を伝え合い、現場の成果を見える化することで、組織の一体感を生み出します。

数ヶ月で職場の「組織が強くなった」という効果を実感していただけます。

「働楽ポイント」で社内が活性化

人に感謝されて、嫌な気分になる人は少ない。

ポイントをもらえば誰だって嬉しいし、自分も誰かにポイントを送りたいと思うようになる。そうなれば、人の良いところを探そうとする気運が高まり、職場の雰囲気、従業員間のコミュニケーションが活性化します。

また、そうした習慣が根付くことで、ポイントをもらうために人の手助けや成果をあげようとする従業員も増えてきます。これこそが、働楽ポイントが働く環境の中で従業員を自然に巻き込み、組織を活性化していく仕組みです。

仕事の成果に自動付与、メッセージと一緒にお礼ポイントやお祝いポイントを付与

ガルフネットは企業通貨である「働楽ポイント」を提供し
従業員の意識改善、社内のコミュニケーションを向上させ組織の活性化を支援します。

お電話でのお問い合わせ

電話番号 03-6279-4690
受付時間
平日9:00〜17:00

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
働楽ポイント

企業通貨アプリ

働楽ポイント

勤怠システムと連携して真面目な勤務実績の従業員に自動でポイント発行。貯めたポイントは電子マネーなどに交換。働く環境を楽しくするポイントサービスです。

サービス詳細を見る