事例・ノウハウ|ガルフネット

離職が止まらない店舗の特徴と離職低下のカギは?

離職が止まらない理由を認識し、離職を止める対策をしなければ人手不足という悪循環に陥ります。
離職率を改善するために企業が今すぐにやるべき3つの対策をご紹介します。

離職率が高い理由について気づいてますか?

  1. 休日が不規則、又は勤務時間が長い
  2. 人間関係や風通しが悪い
  3. 常に求人広告を出している

離職率とは、一定期間でどのくらいの社員が退職したかを表す比率のこと言います。離職率が高いと人材の入れ替わりが激しく、現場の士気が下がり、残された社員の負担が増します。負担が増えたことで不満がつのり、さらに退職者が増えるという、負の連鎖が起きる危険性があります。人材が定着しない状況では企業が安定して存続することは難しくなるため、離職率を低下させることは、企業にとって重要な課題といえます

離職を止める対策をしなければこんな問題が起こります

離職率が高い企業では人材不足で社員に過重負荷がかかっており、希望通り休めないことが不満になっています。
1.人が足りない → 2.社員に過重負荷 → 3.退職 → 4.人材不足 → 5.新規採用コスト高い →6.新入社員の採用 → 7.過重負荷 → 8.退職
今や、どの業界や企業もキツイ、ツラいと印象がついてしまっていますが、単純に社員に過重がかかっているからなのです。離職率を低下させる取組みをしなければ悪循環から抜けられなくなるのです。

企業として離職率を低下させるにはどのような対策が必要か

離職率を低下させる3つの対策をご紹介します。

1. 従業員のストレスチェックや、管理職の教育を取り入れる

離職率が高い企業の特徴である「人間関係」や「風遠しが、悪い」企業は、従業員のストレスチェックや管理職の教育を行う必要があります。ストレスチェックテストを実施したり、定期的に面談をしたりするなど、社員の心理状態を把握できる仕組みが必要です。

2. 社内のコミュニケーションを活性化させる

社内のコミュニケーションを改善することで離職率を改善した事例もあります。離職率が高い理由を社内のコミュニケーション不足と捉え、360度全方位のコミュニケーションが大切です。

3. 労働環境の改善や、福利厚生を充実させる

「休日が不規則」又は「勤務時間が長い」ことが原因で離職率が高い企業は、労働環境の改善や、モチベーションを向上させる必要があります。

  • 有給休暇の取得促進
  • 在宅勤務など、多様なワークスタイルの取り入れ
  • 福利厚生サービスを充実

福利厚生サービスを導入することも、離職率改善の有効な手立てと言えます。働きながら、成果と共に褒められて貯まるポイントを、飲食店やコンビニで利用できるなど、社員の働くモチベーションを考えた取り組みは、企業への満足度を上げることに繋がります。
環境改善や福利厚生の充実は、即効性はないかもしれません。しかし、企業が今の環境を改善しようとしていると社員に感じてもらうことが、企業への満足度向上につながります。継続して取り組むことによって、徐々に効果が表れてくるでしょう。

離職率を下げるためには、企業が社員の状態を把握し、より良い環境づくりをしていくことが不可欠です。労働環境の改善や、社内のコミュニケーションを活性化することで、社員が長く働ける環境づくりに取り組む必要があります。

当社がオススメする離職を防ぐサービスの詳細についてご紹介をしています。合わせてご覧ください。

社員・アルバイトの離職を防ぎ、働く従業員の満足度を向上させるシステムについて、詳しく知りたい方はこちら。

お電話でのお問い合わせ

電話番号 03-6279-4690
受付時間
平日9:00〜17:00

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム
パトアル

福利厚生を担う社員・パート・アルバイトの勤怠管理

パトアル

総合人材管理システムの「パトアル」は、働きながら褒められて貯まるポイントを提供。社員・パート・アルバイトの離職を防ぎ、モチベーションの向上に繋げます。

サービス詳細を見る