対応がスピーディで業界のことをよく理解されている印象があります。

株式会社マックハウス 様

業種:

利用サービス:

株式会社マックハウス

小売りチェーン

インタビュー

まずは簡単な会社紹介をお願いします。

マックハウスは480店舗弱のカジュアルウェアショップを展開している企業です。洋服全般、雑貨などを店舗で販売しています。
もともとは東京靴流通センターなどを運営しているチヨダ(https://www.chiyodagrp.co.jp/)の子会社としてできた会社で、チヨダの中にあった洋服部門が独立するような形でできた会社です。

どのような経緯でガルフネットのシステム(ガルフCSM)を導入したのでしょうか?

先に述べた通りの経緯で、最初はチヨダの仕組みを間借りするような形で既存の業務システムを利用していました。
しかし、店舗数が多くなってくるにつれ既存のシステムだけで店舗運営するのが難しくなってきたため、マックハウス独自でシステムを導入することを決定しました。
扱っている商材が洋服ということもあり、店舗で扱う商材の種類は膨大な数に及びます。既存のシステムでは商材単品ごとの追いかけが難しかったため、個々の商材をしっかり管理できるシステムが必要だったのです。

他社のシステムを検討されたかと思いますが、ガルフネットのシステムに決めた理由は何でしょうか?

私は選定の段階での担当ではなかったのですが、システムの導入に際しては「単なる管理ツール」ではなくて、店舗のスタッフが実際に「どんなアクションを取ればよいのか」までわかるということを重視していました。そのため当時から様々なカスタマイズに対応してもらっています。
EDI機能に関しては当時はガルフネットさんが持っていらっしゃらなかった機能ですが、他社システムとの連携に対応してもらってスムーズに連携もできました。今ではそちらのシステムもガルフネットさんにご提供いただいています。

現在では親会社のチヨダ様でもガルフネットのシステム(ガルフCSM)を導入されていますね。

そうなんです。マックハウスとチヨダが分離した当時は、まだ弊社とガルフネットさんとではお付き合いがありませんでしたね。
当時の弊社担当者が新システム検討の際にガルフネットさんを紹介していただき、導入を決定。その後、弊社からチヨダ側にガルフネットさんを紹介した、という経緯になります。
ガルフネットさんの営業を受けて、というよりも弊社の方からお願いした形になりますね。

他にも数々のシステムを検討されたかと思いますが、ガルフネットのシステムに決めた理由は何でしょうか?

私自身、当時の担当ではないため、これは推測になってしまいますが、当時のビジネスモデル的にガルフネットさんのシステムが一番適していたのだと思われます。また、当時一番ユーザー視点での提案をしてくれたのがガルフネットさんであった、と聞いております。システム自体が小売業の業務に適していたことに加え、ガルフネットさんという会社自体が「小売に親身になってやってくれる会社」というところが良かったのだと思います。
どうしてもこういった大規模なシステムを扱っている会社さんには、足回りが少し遅かったり、やり取りにツークッション、スリークッション入るような印象がありますが、ガルフネットさんは対応がスピーディで、業界のことをよく理解されている印象があります。

実際にガルフネットのシステムを利用している感想はいかがでしょうか?

ガルフネットさんには店舗の業務システム(ガルフCSM)以外にも、勤怠管理や受発注などのシステム、会社全体のネットワーク、またシステム操作などのヘルプデスクや、PCのキッティングなどもお願いしていますが、非常にフットワークが軽い印象があります。投げかけるとちゃんと返ってくるのが早いというか、要望を言ったら真摯に対応してくださります。そのため、イメージ的には「ウチの部署の人」、といった感じですね(笑)

ありがとうございます。それでは最後に、今後ガルフネットに期待することを教えてください。

今までももかなり要望は言ってきていますからね(笑) これを機会に何か特別、ということは特にありません。
「こういうものがほしい」といった感じで、けっこう無理は言ってきていると思いますが、きっかけはやっぱりガルフネットさんからの提案があったからです。ときには文句を言うこともありますが、ガルフネットさんは必ずプラスアルファの提案を付け加えた上で返してきてくれます。今後もこれまでと同じように、大きくシステムを作っていくのではなく、こまめにやり取りをしながら、常にそのときのニーズに沿ったシステムに更新し続けていけたら、と思っています。

インタビューは以上です。ありがとうございました。

ありがとうございました。

導入の効果

  • 受発注システム・・・受発注システム(ガルフEDI)に関しては、弊社は主に“仕入れて売る”小売であるため、仕入の取引量が非常に多くなります。取引相手には商社のような大きい企業様もあれば、中には個人事業主のような小規模なメーカー様もいらっしゃいます。商社様の場合であれば、独自の仕組みを持っているところが多いのですが、小規模企業様ですと何もシステムを利用されていないケースもあります。ガルフネットさんの受発注システムを導入したことで、そうした仕組みを持っていない小規模メーカー様とのお取引もスムーズにいくようになりました。
  • 勤怠管理システム(ガルフCSM勤怠管理)・・・勤怠管理システム(ガルフCSM勤怠管理)に関しては、「店長の意識が見える」という効果があります。弊社ですと、各店に社員は1人、2人程度ですので、仕事をパートさんやアルバイトさんにも任せられるようにしないといけないわけです。たとえば、自店のスタッフが何人いて、そのスタッフの時給が何円で、こんなシフトで入れたら月にどのぐらいの経費になって、前年がこのぐらいだったから今年はこのぐらいまで改善する必要があって・・・・・・と、そういった意識付けを自然と行えるようになりました。
  • ヘルプデスク(ICTコンシェルジュ)・・・ヘルプデスク(ICTコンシェルジュ)に関しては、店舗から本部の方に来る問い合わせが少なくなった、という効果があります。店舗内でシステムに関して分からない点などがあった際、一次対応窓口をガルフネットさんが担ってくれる、これは非常に助かります。さすがに「レジが故障した」などの問い合わせはガルフネットさんだけでは対応できないと思いますが、そういった場合でもPOSメーカーへの問い合わせなどをガルフネットさんが実施してくださります。

ご利用サービス